読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダ・バンクーバーでマーケティングしている人のブログ

海外(北米・カナダ・バンクーバー)の会社でマーケティングしている野村晶大です。得意技はSEO/PPC/Marketing Automation/E-mail Drip Campaign/Google Analyticsです。アメリカのビザのサポートしてくれる企業募集中。フリーランスで仕事も受けています。

今巷で話題のモバイルファーストインデックスの話が気になり各英語メディアの見解を簡単にまとめてみました。

海外のマーケティング&セールスTips

f:id:nomura_akihiro:20161018180850j:plain

本記事ではMobile First IndexingについてPubconの記事で書かれていることを簡単に紹介して、ソーシャルでよくシェアされている記事3つを抽出して、英語圏ではどういう見解が飛び交っているのかを簡単にまとめていきます。

 

 

[3記事の抽出方法]

Buzzsumoを使って、Mobile Search Indexと検索して上がってくる人気記事を3つ抽出(バンクーバー時間10月17日現在)。

 

抽出媒体は下記

  1. Search Engine Land - 有名どころ。信用性が高い媒体
  2. The SEM Post.com - 聞いたことのない媒体。信用度不明
  3. Search Engine Roundtable - Search Engine Landの編集をしているBarry Schwartzの記事。

 

※下記媒体は特に追記する情報がないので除外



それではまずはPubconの話から

 

※今回のPubconのKeynoteのページはこちらから

 

httpsの話やポップアップコンテンツ、AMP、RankBrain、Panda、Penguinの話がありますが、全部無視してMobile First Indexingの話だけに触れます。

 

(以下翻訳)

 

Googleはデスクトップのランキングシグナルを使ってモバイルのランキングも決めています。

 

しかし1つのコンテンツに対して、2つのバージョン(モバイルとデスクトップ)の評価ができるようにデザインされていないこともあり、今までのやり方を続けるのは少し無理がでてきました。

 

また、1) 85%の検索結果は既にモバイルフレンドリー、2) 50%以上の検索はモバイルから、というデータに見られるように、モバイル主流のIndexに切り替える必要性に至りました。

 

モバイル主流のIndexにすると

 

1.かなりの数のランキングシグナルが失われます。例えば、モバイル用のコンテンツにデスクトップほどのボリュームはなく、モバイル版のサイトで何が重要か決めないといけません。

 

2. わざわざモバイルサイトにStructured Dataを実装することにメリットがなかったため、モバイル版のサイトにStructured Dataを実装されていませんでしたが、もしモバイル版にもリッチスニペットを表示させたい場合は、モバイル版にも実装する必要があります。



現在、Googleは実験中です。今後最優先になるであろうモバイル用のIndexを別に作っているのも事実です。デスクトップのIndexの鮮度も下がり優先順位は2番目になります。モバイル版ではコンテンツとリンクは減るでしょう。

 

(以上翻訳)

 

正直、あまりピンと来ない内容です。

まとめると、モバイル主流のIndexを作っていて、それが今後のメインになりますよというとこでしょうか。

 

以下では、もっと具体的な部分がイメージできるように他のメディアでどういう風に取り上げられているか簡単にみていきたいと思います。

 

その他のメディアでの見解 

1. Search Engine Land

f:id:nomura_akihiro:20161018181105j:plain

記事 & 画像URL: http://searchengineland.com/google-divide-index-giving-mobile-users-better-fresher-content-261037

 

前述したような、デスクトップとは別にモバイル用のIndexができ、それが最優先のIndexになるという話をはじめ、上記に記載したようなデスクトップのIndexの鮮度が下がる点など、事実のみを言及しています。

 

その他には、Mobile First Indexingは数ヶ月後(months)に実装される点、下記のような不明な点が多い事を指摘しています。

 

  • モバイル用のIndexはデスクトップの検索に全く使われないのかどうか?
  • モバイル用にIndexされるのはモバイルフレンドリーなサイトだけなのか?
  • デスクトップのIndexはどれだけ鮮度が失われるのか?

 

まだまだ、不明な点が多いので今は様子を見ようという見解です。

2. The SEM Post

f:id:nomura_akihiro:20161018181152p:plain

記事 & 画像URL: http://www.thesempost.com/google-still-working-on-building-a-mobile-search-index/

 

記事の序盤で、モバイルのIndexは完璧にデスクトップから切り離されてモバイルでの検索のみに使われるかもと言い放っています。(The mobile index would be completely separate from the desktop index and would be for searches done on mobile only.)

 

また、コンテンツとリンクの件について一歩掘り下げて、見解を述べています。

 

コンテンツ

モバイル版のコンテンツはデスクトップ版を短くしたものが多いですが、Gary Illyes(今回このMobile First Indexingの話をしたGoogleの人)がその短くなったコンテンツをベースにモバイル版の評価をするだろうと言っていたと説明。

 

リンク

モバイル版のコンテンツはデスクトップ版と比べてリンクされない点に触れ、Googleがモバイル版でのリンクのランクシグナルが弱いことを発見した事を考慮して、デスクトップとモバイルの順位に差が出るのではと説明しています。

 

他の記事に比べて、突っ込んで書かれていますが真偽の程は不明です。

3. Search Engine Roundtable

f:id:nomura_akihiro:20161018181240j:plain

記事 & 画像URL: https://www.seroundtable.com/google-mobile-index-months-22841.html

 

Search Engine Landの編集もしているBarry Schwartzの記事。

 

モバイルの検索結果はデスクトップの結果を使っており、今回のモバイルIndexが公開されると大きな影響が出るだろうとの見解。

 

冒頭で、前回Gary Illyesが"数ヶ月後"と言った時は結局次の年になったことに触れつつ(笑)、2017年の初めの四半期のうちに公開するだろうと予想しています。

 

記事の最後で、デスクトップ版に比べてモバイル版のサイトのコンテンツとリンクの量が圧倒的に少ないサイトがあることに触れ、Googleが今後デスクトップとモバイルのIndex両方の要素を使ってランキングを決めるかどうか判断するのは、まだ早すぎると説明しています。

 

まとめ & 個人的な見解

  • モバイルフレンドリーなサイトであれば安心か?

未だ不明。ただ文脈から判断するにリンクとコンテンツのあり方が変化するのではないかと予想しています。また、今までデスクトップサイトのパワー(コンテンツとリンク)に引っ張られて上位に来ていたサイトの順位になんらかの影響ができることは間違いないと思います。

 

  • モバイル用とデスクトップ用のIndexは全く切り離されるのか、モバイル用のIndexはデスクトップの検索に全く使われないのか?

未だ不明。ただ、今までの流れからみるに、いきなり完全に切り離すことはせずにまずは徐々に慣らしていくのではないかと予想。

 

  • いつごろ公開されるのか?

遅くとも2017年の末までには・・・。



個人的に気になったのは、モバイルとデスクトップの結果を切り離しが進むことで今までモバイルフレンドリーになってないのが原因でデスクトップの検索結果が悪かったサイトにチャンスが巡ってくる可能性がある点です。化石のようなサイトが再浮上することもあり得るのでしょうか笑


いずれにしても、もっと詳細な情報が出ない限り身動きも取れないので今はとりあえず待ちましょう。

 

Header Image: http://www.pubcon.com/keynote-gary-illyes-pubcon-las-vegas-2016